至れり尽くせり.ログ

ファッション|音楽を中心に展開するブログです。

【メンズの悩み】今更聞けない「レイヤード」の基礎知識とコーデのコツ!

季節問わずオシャレに見える人は多く実践している「レイヤード」。

f:id:zawawa1234:20190409214910j:image

今回は「レイヤードってなに?」というファッション初心者から「レイヤードは知ってるし実践もしてるんだけどイマイチしっくりこないんだよなあ」という中級者まで参考にして欲しい「今更聞けないレイヤードの基礎知識」と「レイヤードを使ったコーデのコツ」をお話ししていきます。

また現在のトレンドを交えてどんなレイヤードをすればいいのかも話していきます!

 

 

「レイヤード」って?

「レイヤード」とは「重なった」という意味で、コーデでは「重ね着」をするという意味です。Tシャツの上にジャケットを着てその上からコートを着たり、柄物を羽織ったり、Tシャツの中にタンクトップを着たりすることをレイヤードと言います。

「レイヤード」を使ったコーデはオシャレな人たちが使うイメージがあるかと思います。

「うまくバランスを整えるのが難しそう…」

「着膨れして太って見えそう…」

など考えちゃいますよね。今回は、そんな悩みを一瞬で解決する基礎知識とコーデのコツを簡単に紹介していきます。

この記事では基本的に「レイヤード用のタンクトップ」を用いたコーデについて話していきます。

また基本的にメンズの「レイヤードコーデ」はレイヤード用のタンクトップを使いますので覚えておいてくださいね。

それだけでオシャレに見えます。まじです。

f:id:zawawa1234:20190411203157j:image

WEARIST げんじさんのコーデ

矢印の白いインナーがレイヤードになります。

 

レイヤードを加えるとオシャレに見える

レイヤードを加えるだけで本当にオシャレになるのかという疑問がありますよね。

そこでレイヤードを加えることによってオシャレに見えるという理由を3つ説明しますね。

 

理由1. 清潔感がプラスされる

オシャレに見える人の共通点として「清潔感がある」というのがあります。

清潔感がある=オシャレに見える という方程式に加えて清潔感があるコーデは異性受けがとてもいいので「モテファッション」にも繋がりますよ!

 

理由2.色のバランスが整う

黒×黒だけのコーデだと少し重たい印象になりますよね。

f:id:zawawa1234:20190411203310j:image

WEARIST げんじさんのコーデ

そんな時は白のレイヤードを少しだけ見せてあげることによって印象が軽くなりオシャレに見えます。

f:id:zawawa1234:20190411203343j:image

WEARIST げんじさんのコーデ

コーデの基本は「モノトーン+1色」とよく言いますが、基本的に「レイヤード」はモノトーンの物をオススメします。

 

 

www.zawawa1234.net

 

一色プラスする時や差し色として「レイヤード」をうまく使いましょう!

 

理由3.オシャレに気を遣ってる感が出る

オシャレに見える人はどこかでオシャレに気を遣ってる感が出てますよね。

多分無意識にオシャレになっている人はほとんどいないです。意識してオシャレをしているんですよ。となると、オシャレに気を遣ってる感が相手に伝われば「あ、この人はオシャレに関心があるんだな」と思われてオシャレに思われる可能性が高くなります。

また、レイヤードはオシャレなショップ定員さんやファッショニアの方々もかなり使っているアイテムですので間違いなくオシャレに見えますよ!!

 

レイヤードのオススメの形と色

レイヤードコーデをうまく完成させるためには、しっかりとしたアイテム選びが大切です。

レイヤード選びに失敗しないために、オススメのレイヤードをお伝えしますね!

 

まずは、レイヤードには大きく分けて2つの形があります。ラウンド型とボックス型です。

ラウンド型とは裾部分が丸みを帯びたフォルムになっていて、ボックス型は裾部分が四角いフォルムになってます。

 

どちらもかわいいアイテムですが、ボックス型を個人的にオススメします。

なぜならラウンド型は昨年かなり流行っていて、ちょっと流行り遅れ感があるとなんとなく感じてます。なのでボックス型をオススメします!

また色に関してですが、圧倒的に「」をオススメします。また、トレンドとしてストライプ柄が上がってきているのでストライプ柄のレイヤードもアリかと思いますよ。

黒のレイヤードとグレーのレイヤードもオススメの配色です。

 

レイヤードを使うコーデのコツ

レイヤードを使うコーデのコツは、レイヤードを長く見せすぎないことが大事です。あくまでもさりげない感じが大事です。

レイヤードが長く「だらーん」と出ているとだらしのない人だと思われてしまう可能性もあります。そのためレイヤードが程よく見える長さを意識することが大切なんです。

だいたいコツとして3センチ~7センチくらいを目安にレイヤードを出すことを意識してみてください!カッコよくまとまります!

 

まとめ:レイヤードを駆使してオシャレに立ち回れ!!

いかがでしたでしょうか。

レイヤードの基礎知識やレイヤードを使ったコーデのコツを理解して頂けたでしょうか。

特に夏はアイテム数が少なくなるため、細かいところに気を遣わないとオシャレだと思われなくなります。

そこでレイヤードを駆使して、ワンポイント人と差をつけてオシャレに立ち回りましょう!

 

あなたに幸あれ!!!!