至れり尽くせり.ログ

音楽|ファッション|ガジェット|ライフスタイルなど多岐に渡り綴るブログです。

【ミスチル】Mr.Childrenの「day by day (愛犬クルの物語)」を徹底考察してみた。

こんにちは、ざわわです。

 

ミスチルのアルバム『重力と呼吸』より「day by day(愛犬クルの物語)」を徹底考察していきます。

可愛い曲名とは裏腹に、王道なロックで予想を大きく裏切る面白いこの曲を徹底解説していきます。

 

 

「day by day(愛犬クルの物語)」の情報

『重力と呼吸』の7曲目に収録されています。可愛らしい曲名とは裏腹にゴッリゴリのロックというギャップもこの曲の魅力です。

また愛犬クルはどんなワンちゃんなのか情報は出てきていませんが、今後ライブなどで語られる可能性はありますね。

 

 

 

この曲の豆知識

・ツアー重力と呼吸で演奏されていない。

・愛犬クルの情報がない

 

歌詞の全文

 

愛犬クルは行儀良く主人を慕う
どんな時だって嬉しそうにその尻尾を振る
um 彼の顔なんて美味くないだろう?
扉開く度 駆け寄り舐めている

um 時には悲しみ
um 孤独に似た日々
固いベッドで分けあって
週末の度 助手席に乗り移動
何かを補いあうように暮らす二人

So day by day
And day by day
愛おしさはまた深くなっていくよ

愛犬クルは仲の良い夫婦が
こどもに恵まれず それでやって来たという
でも そのおかげでみんな幸せになったよ
綺麗だったあの女性(ひと)がいなくなってからも

um 忘れぬ哀しみ
um 愛した人の匂い
今もソファに残っている
あの柔らかい膝の上の温もり
夢の中思い出すように深く眠っている

So day by day
And day by day
今もなお帰りを待っているの?
So day by day
And day by day
愛おしさはまた深くなっていくよ

And day by day

 

歌詞解釈

ちなみにday by dayの意味は「日に日に〜」という意味ですので先に前知識として入れておいてくださいね。

愛犬クルは行儀良く主人を慕う
どんな時だって嬉しそうにその尻尾を振る
um 彼の顔なんて美味くないだろう?
扉開く度 駆け寄り舐めている

ここの歌詞は何気ない日常を歌っていますね。

彼とありますからお父さん?が家に帰って来るたびに玄関まで迎えに行って駆け寄り顔を舐めている。そんな風景が浮かびます。

um 時には悲しみ
um 孤独に似た日々
固いベッドで分けあって
週末の度 助手席に乗り移動
何かを補いあうように暮らす二人

そして風景は一変し、もの悲しい風景に。

「孤独に似た日々」とありますからクルは過去にひとりぼっちになった経験があるのかもしれません。または捨てられた、など。

そして何かを補い合う二人(クルとお父さん?)ということで二人とも心に傷に似た何かを持っていることが伺えます。

So day by day
And day by day
愛おしさはまた深くなっていくよ

そんなクルに日に日に愛しさは増していく。またクルは何かを愛おしく思っている?

 愛犬クルは仲の良い夫婦が
こどもに恵まれず それでやって来たという
でも そのおかげでみんな幸せになったよ
綺麗だったあの女性(ひと)がいなくなってからも

夫婦が子供に恵まれずにクルはやってきたことが二番でわかりますね。

そして綺麗だったあの女性がいなくなってからもというのはおそらく夫婦の女性側(お母さん?)が亡くなってしまったということが。

um 忘れぬ哀しみ
um 愛した人の匂い
今もソファに残っている
あの柔らかい膝の上の温もり
夢の中思い出すように深く眠っている

過去に何か悲しいことがあったクル、居なくなってしまった愛おしい女性。

すごく切ない歌詞ですね。夢の中で思い出してるのかなぁと思うくらいぐっすり眠っているクル。

So day by day
And day by day
今もなお帰りを待っているの?
So day by day
And day by day
愛おしさはまた深くなっていくよ

And day by day

クルは綺麗だった女性(お母さん)が亡くなったことには気付いていないのかな?というお父さん側の目線なのかなと思います。

そんなクルに愛おしさは日に日に深くなっていくんですよね。

 

曲の印象・特徴

・イメージと違う

・予想以上にいい(もっと緩い曲だと思ってた)

・後半にかけての高温のシャウトがいい

・クルが愛おしい

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

day by day (愛犬クルの物語)を徹底解説してみたでした。

この曲に出て来る愛犬クルの正体を知りたいですね。いつか情報が出た時に追記したいと思います!

 

 

重力と呼吸

重力と呼吸